FC2ブログ

Portfolio × Portfolio展 のご案内

ゴールデンウィークも過ぎ、
本日は初夏を思わせるような陽気でございましたが、
皆様におかれましては、つつがなくお過ごしでしょうか。
お晩でございます、皇夜です。

本日は急遽参加することに致しました展覧会のご案内です。



▼▼▼ Portfolio × Portfolio展 ▼▼▼
会期:2011年6月1日(水)~6月6日(月)
    11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
会場:Galleryやさしい予感   
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-9-25
    TEL:03-5913-7635 FAX:03-5913-7632
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



ポートフォリオ展の名の通り、
様々な作家様たちのポートフォリオ(作品集ファイル)の展覧会です。
私はポートフォリオと葉書サイズの作品を1点出します。
そしてこちらの展覧会は収益金の一部を日本赤十字社を通じて
東日本大震災義捐金として寄付されるとのことです。
実はこれが参加の大きな理由でもあります。


*********


震災後、当初私は絵を描く人間として、大変無力感を感じていました。
人として、募金をしたり被災地に心を寄せ続けることは出来ても、
絵描きとして、今、自分は何をすべきなのか... と。
絵を見たところで、お腹はふくれません。
あるいは可愛らしい、優しい絵ならば、痛んだ心を癒すことが出来るかもしれませんが、
生憎私には、その様な可愛い絵は描けない。
描けるのは、象徴的な世界。
私自身はその象徴的情景の中に美を見出して描いているつもりなのですが、
見る方によっては“怖い”“暗い”と感じられるもの。

しかし私自身、自分が信じる美によって救われた事が何度もあります。
地獄のような苦しみの中、永い眠りについた方がどれほど楽かと追い詰められた時も、
美によって、美を感じる心によって、人として生きる希望を見出す事が出来ました。

“真に美しいものは見る者の魂を救済する”

大げさな言葉かもしれませんが、私はそれを身をもって感じ、そして信じております。

だから、吟遊画人を目指す絵描き私に出来ること
それは、より真正の美を追求し、描く事の他はない と。

改めて思い至りました。

そんな決意をした時、偶々この展覧会の開催を知り、
矢も楯もたまらず、参加させて頂く事に相成りました。
震災支援という主旨と同時に、多くの作家様のポートフォリオが見られるというのも、
大変に興味深いものかと思います。
是非是非、皆様にお足をお運び頂きたくお願い申し上げます。


******

なんか、ちとシリアスになってしまいましたが、
とりあえず、私は元気です。 <なんじゃ、ソレ;;
今後も自称唯美主義者で吟遊画人を目指してがんばります~@@



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。