その手の先に光をのせて   ~全日本女子 感想~

松の内もあけ、いよいよオリンピックですよ~@@
早く何とか録画機能を持ったAV機器を用意せねばッ と焦りを覚えつつある今日この頃、
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?
お晩でございます、皇夜です。

さて、本日は若干時期を外した感が否めませんが、遅ればせながら昨年末の全日本選手権の女子の感想を、
うっっっざいくらい垂れ流します(大爆)。ハッキリ言って長いです!!
ほんと、これは単なるミーハーな1スケオタの勝手な思い込みによる感想ですので、
そこんところご理解くださいね~(笑)。苦情は一切受け付けませんよ~(爆)。
時折毒なんかも織り交ぜてしまいますので(爆)軽く読み流して頂ける方のみ、ご覧下さいまし~(笑)





女尊男卑だ解説者とアナウンサーが最悪だ(爆)と言いながらも、
やっぱり女子の放送の充実っぷり てか時間が長いことは良いことです(大爆)。
んでもって・・・やっぱ、みんなカワイイッ!!!!(激爆)
これであとアナウンサーが変わって、解説が静香様だけになって、そんでもって意味不明なカメラーワークがなくなれば文句ないんですけどね(爆)
そ!カメラワークと言えば、毎度思うんですが、スピンでの天井カメラはナンセンスです(大爆)。
あーた、あほじゃねーか?っていっつも思いますが(大爆)、なんか今回は更に酷かった気が、、、
大体天井カメラの出番なんてペアやアイスダンスでのツイズルん時ぐらいだろ? って思うんですけどね!
そして!!アイスダンスの扱いですよッ!!
リード組のフリーだけ、しかも途中カットの短縮映像!!!
そりゃね、2組しか出ていないからね!競技人口が少ないからね!
コンパルソリー、オリジナル、フリー全部流せとか無茶言わないさ!
でもッせめて!2組のフリーだけでも流すとか、それも無理なら・・・せめてせめてッ、
リード組のフリーをキチンと流すとかッッ!!!(泣)

・・・・・ま、それは願っても詮無いこと。早速想いのまま叫びまくりま~す(爆)



まずは、村元小月選手。
昨年の全日本テレビ放送で初めて演技を見る事ができて、その時すっかり魅了されてしまいましたが、
今年の村元選手は、一層魅力的になられていて、とってもとっても嬉しかったです!!
ミスが若干出てしまい少し残念な結果でしたが、何よりも感激したのが、
本当に上品な、品のあるスケーティングになられていたことです!!
こういう真の大人の女性のスケーター、フィギュアの女子がWomanでなくLadyと表現される意味を体現できる希少な選手になるのではと勝手に思ってます。
さらに勝手ついでに言ってしまうと、昨シーズンで引退されてしまいましたが、
表現派スケーターの第一人者(と私は勝手に思っています^^)でいらした太田由希奈選手に、スパイラルでの滑りの雰囲気が少し似ているなぁ・・なんて、一瞬ですが感じました^^;
是非是非このままの雰囲気でいて欲しいと、切に願っています><


若い選手でもう一人、村上佳奈子選手!
去年もジュニアからの参戦で大健闘されていましたが、今年は更に素晴らしかった!!
何より度肝を抜いたのが、その表現力です!
ショートでは、まず私は衣装に“おっ?!”と思いました!
フラメンコテイストのプログラムでしたが、そうなると大抵多くの選手は赤・黒・オレンジといった“情熱的”な配色の衣装なのですが、
村上選手は全身白で、結われた黒髪には一際目を引く真っ赤な髪飾り。
フラメンコで白かぁ~ へぇ~~ っと思っていたら、
音楽が始まるや、自分の世界をあっという間に作り上げてしまわれました!
そして驚くほど安定して高いジャンプ!
演技中、アナウンサーや解説者の方(not静香様)はしきりに“大人っぽい”だの“大人の色気を感じる”だの言われていましたが、
そういったものは私的には全く感じませんでしたけど(爆)、
でも“村上選手のフラメンコ”というものを強く感じました!!
特に最後のストレートライン中で手を顔の横で叩く時の表情!!!
・・もぅすっかり魅せられてしまいました~@@@
そしてフリーでは、前に滑られた鈴木選手の感動的な結果を受けて、村上選手まで涙ぐんでしまうあたり、なんて素直で素敵な女の子なんだろう~@@ と、心が温かくなりましたvvv
最初の位置を間違えてしまったり、最初のジャンプをミスってはしまいましたが、
その後の堂々たる演技!!! 
・・・あなた、まだ15歳でしょ?てか全日本の最終滑走でしょ!?
いくらオリンピック代表争いが掛かっていないとはいえ、どしてそんなにのびのびとできるのッ!!?
・・・・末恐ろしいです(笑爆)。
そしてフリーの衣装も個人的には好きです~vvv
エキシビジョンでは一転して、おきゃん(死語;;)な感じが本当に可愛らしくて!!
これからとてもとても楽しみな選手です!!!!!



そんなフレッシュな村上選手とは対照的なベテランの村主章枝選手。
これまでの日本女子を引っ張ってこられたトップスケーター。
昨シーズンはジャンプが安定して、その顕在っぷりを大いにアピールされましたが、
今シーズンは、またジャンプが安定しなくなって少々厳しかったかもしれません。
彼女らしい独特の表現の仕方が好きでしたが、フィギュアはスポーツ競技でもあります。
美しい、胸を打つような表現と共に、ジャンプに代表されるようなスポーツとしての魅力、
そのどちらも兼ね備えているからこそ、競技としてのフィギュアスケートだと思います。
どれほど美しい表現をされても、ジャンプ、スピン、ステップ、スパイラルなど各エレメンツが出来なければ、その表現の素晴らしさすら半減してしまうと、私は思ってます。
そういった意味で、大変失礼かもしれませんが、トリノオリンピック後の村主選手は、かなり厳しかったように感じていました。
それでも戦う事を諦めない村主選手、本当に凄いなと思っておりました。
今後、どのようにされるのか未だ分かりませんですが、
ただ一つ、今シーズンは元気な村主選手が中々見られなかったことが心残りです。


心残り、といいますか、少々残念だなぁと思いましたのが安藤美姫選手です。
今シーズンは決して快心の出来という訳ではないと思いますが、
それでもきちんと結果を出されている事は凄いといいますか、さすが、と言うべきでしょうか。
巷ではジャンプだけでなく表現力が武器になった、高まった と言われています。
これは私の勝手な印象なのですが、前々から感じておりましたが、安藤選手はやはり【心】で滑る選手だなぁと。
つまり、ご自分の強い想いが乗せられたものでは、本当に腕の振り一つだけで彼女の世界を現せる特別なスケーターだと思うのです。
ショートに関しては、本当にものの見事、安藤選手の想いがピタッと合致したものではないでしょうか。
決して魅力的な振り付けだとは思えないのですが(大爆)、
それでも目線、振り上げる腕の軌跡などで、このプログラムには安藤選手の魂が宿っているように感じて、
私は見る度にゾクゾクしてしまっていますッ><

ですが・・・ホント、私のちょ~個人的感想なんですが、フリーは・・・正直どうなんだろう???
クレオパトラだそうですが、私がニブチン(爆)なせいでしょうか、まるっと感じないんですよ(撃沈)。
確かに衣装やメイク、そして安藤選手の小麦色の肌と相まって、外見はクレオパトラちっくかもしれません。
けれども残念ながら、今シーズン見てきてまだ1度も おぉ~ッ と感じないんです。
私、安藤選手の場合、どんなに単調な振り付け(苦笑)だったとしても、
そこに彼女の気迫といいますか、なにかしらの強い想いが感じられて、
シーズン当初はあまり???という印象でも、絶対途中で“こりゃやっぱいいや!!”って変わるんですよね。
それが今回まだないんですよ。・・・なんだろ、インパクトとかでしょうかねぇ。
外見はかなり近づいてるかもしれないんですけど、まだ安藤選手の心が入りきっていないのかなぁ~。
あと、まだ今シーズン、一度も試合で3-3のコンビネーションジャンプを飛んでいない事も残念といいますか、少々心配;;
コーチの指導なのか、試合中のご本人の判断なのか分かりませんが、、、
でも練習で飛べるのと試合で飛ぶのでは全然違うものです。
その点、安藤選手はオリンピック代表を既に内定しているので、
今回の全日本をそういった挑戦や“ためし”の場に使うことは出来たと思うのですが、、、
コンディションが良くなかったのでしょうか、兎に角、正直、すっごく残念でした。

確かに無理に飛ぶより綺麗に纏め、更に加点をもらえれば、総合である程度の得点になるかも知れません。
でもそれでは、安藤選手が公言されている【金メダル】には届かないと思います。
あのユナキム選手が大崩れし、浅田選手も思うように演技できず、地元ジョアニーロシェット選手も自爆でもしない限りは。
・・・ただまぁ、オリンピックのリンクには魔物がいますからね(爆)。
最悪、そういう事体も起きかねない(激爆)。
とはいえ、スケオタとしては、出来ればどの選手にも最高の演技をされて争うような
締まった試合を大いに期待しているんですがね^^;

表現も大事、でもジャンプ等々の技術も大事、安藤選手はどちらも持ち得ていると思っています。
あとは・・・ご自分を信じ、自信を持って演技をやりきる強い心が――― 必要なのかもしれません。 
是非是非、2度目のオリンピック、悔いのない戦いをして欲しいです!!



さて、フィギュアでの表現力の採点は皆様もご存知の通り、5コンポーネンツってやつで評価されますが、
国際試合では、この5コンポーネンツがその選手のブランド力とでも言うんでしょうかね、そういったものに大きく左右されるのが、私は未だに納得できない。
その選手が国際試合に沢山出ていて、知られているかどうかってことが大きく点数に影響するなんて・・ナンかね、野暮だなって思うんですよ。
技術点の方は、きっちりVTRやらで判定して公平性がある程度担保されていますし、
またこちらに関してはそうでなければならないと思います。
でもさ、表現に関する採点ってさ、審査員個々人が心に感じた事を素直に出せば って思うんですよ。かなり情緒的かなっては思いますけど。でも表現、言っちゃえば【芸術】を観るってことは情緒的以外の何者でもないと思うんですけどね。
どんなに有力選手だって、コンディション不調の時は良い演技なんて出来ないだろうし、
逆にあまり知られていない選手でも、胸に迫るような演技をされた時は、惜しみなく讃えて欲しいと思わずにはいられないです。

そうです、今シーズン、初めてグランプリシリーズにフル参戦され、ファイナルにも行き、
そして表彰台へ上られた、鈴木明子選手への評価が分かれていることに、
私はひじょ~~~~~に納得できない!!
特に先日のグランプリファイナルでの評価!!!
どー見たって本調子じゃなかったユナキム選手や、ベストパフォーマンスとは言い難い安藤選手より、あの渾身の、会場中を巻き込んだ鈴木選手の評価が低いなんてッ!!!!!!

その点、国内試合では表現の部分で納得しかねる点数はさすがにつけないだろうって思いつつも、昨シーズン、その前のシーズンと、何となく全日本のショートはミスってしまっていたような感じでしたので、今回はどうだろう・・ って、ドキドキしながら見つめるブラウン管の向こう、彼女は見違えるほど強くなっていました。
ジャンプに入る助走が、私見ですが以前より演技の流れを止めないようになったのでは、と特に今シーズンは感じるんですよ!
それが今回も顕在で、そうして飛ぶジャンプがクリーンに決まってくると、より一層、プログラム全体が一つの世界になって、加えて体全体を使って現す素晴らしい表現!
どれをとっても心を持ってかれましたが、何より一番私が驚き、そして嬉しかったのが、
ショートを終えた時の鈴木選手の表情です。
どう? と言わんばかりの自信に満ちたあの表情、本当に嬉しくなりました!!

そしてフリー。こちらも私は珠玉のプログラムだと思って止みません!
振付はシェイ・リーン・ボーンさん!アイスダンスの選手だった方で私の大好きなカップルの方です!!
それだけでもポイント高くなるミーハーなワタクシですが(笑爆)、
曲の編曲の仕方といい、振付といい、“観客を巻き込む”素晴らしいものだと思いますvv
衣装は個人的には中国杯のものが一番ウェストサイドストーリーっぽいなぁと思っていましたが、
グランプリファイナルからお目見えのこちらの衣装も華やかで素敵vv

中野選手が素晴らしい演技をされた事は分かっておられたでしょう。
様々なプレッシャー、想いがあったと、想像するに難くはありません。
けれどそれらに押しつぶされる事なく、見事に滑り、尚且つ、最高の演技を見せて下さった――――

もぅ・・本当に箱ティッシュを抱え込んで釘付けでしたッッ!!!!!(泣爆)


そして結果は感動的な僅差での勝利。私は鈴木選手が現役女子選手の中では一番好きなので、本当にこの瞬間は嬉しくてたまりませんでした!!!

ただ・・・フィギュア好きとしては、同時に本当に切なく悲しくもありました。
そうです、ご承知の通り、この全日本はオリンピック代表枠を掛けた大会でもあります。
1国につき出場できる選手数は最大3人まで。
これも周知の事実です。
昨シーズンの世界選手権で、この「3枠」を獲得してきた日本女子選手と男子選手たちに、
なんて頼もしい!日本も選手層が厚くなったなぁ! と感動したものの、
女子選手では有力な方々が多く、3人でも足りないよぅ! なんて贅沢な悩みをノーテンキに考えていたものですが、
いざ、この3枠を争う戦いが来て、その結果がこうして出てしまう事に
何と言うか・・・・本当にやりきれない・・とでも言えばいいのでしょうか・・。
トリノオリンピック後、日本女子フィギュアのトップ選手であり続けた中野友加里選手。
彼女の努力がいかばかりか・・・
それはトリノオリンピックでの代表選考がポイント制なるものによって、
そのシーズン破竹の勢いで全日本でも見事な成績を修めたにもかかわらず、代表になれなかった―――
その時の悔しさをばねに、 と言葉で簡単に言っては失礼なぐらい、
単なる1スケオタの私から見ても分かるほど。
様々に努力され、そして結果も出されていた中野選手―――
【3枠】が、これほど恨めしいと思う日がこようとは・・・

今シーズンは思うように調子が上がらず、グランプリファイナル進出も途絶えてしまったけれど、
全日本で見せて下さった演技は、本当に素晴らしいものでした。
ショート、【オペラ座の怪人】。
全体的に慎重に、丁寧に演じている印象で、若干硬さを感じはしましたが、
けれども私は、今まで中野選手を見てきた中で、これ程までに美しいと感じたことはありませんでした。
指の先まで想いを乗せた繊細で美しい演技を、中野選手がこんなにも見事に表されるとは・・と、本当に驚き、そして感動しました。
演技中、中野選手の素敵な笑顔は少し見ることが出来ませんでしたが、代わりに彼女を取り巻く気品溢れる空気の素晴らしいこと!!
特に代名詞であるドーナツスピンで片手が緩やかに天へ上げられるところは、
そのあまりの美しさに感動して、これまた涙が止まりませんでした。
そうして2位で折り返し、迎えたフリー。
最終グループの第1滑走者というプレッシャーの中、
最初のルッツジャンプで着地の際にステップアウトしてしまうというミスをしてしまいましたが、
その後は決して心折れることなく、最後まで【火の鳥】を滑りきられました。
大きなミスなんてほとんどなく、でも僅かなミスが―――・・・。

結果は必ず出るものですから覚悟はしておりました。
もういっそ、4人で行っちゃえ~>< なんておバカに(でも半ば本気で)思っておりましたが、
・・・本当に、何と言えばよいのか・・。

ただ、翌日のエキシビジョンで艶やかな【ハレム】を魅せて下さったこと、本当に嬉しかったです(滝泣)
こうしてみると、中野選手、この4年間で本当に美しくなられたなぁ と。
元気で勝気な少女が、苦い想いも心震える嬉しい想いも様々経験されて、
気高く美しい女性になられた――― そう強く感じます。
そして、四大陸と世界選手権の代表になられました!
どうかどうか、中野選手ご自身が納得して幸せを感じられるような、
そんな快心の演技が出来ますよう、心から祈っています!!!



さて、随分と長々と書いてしまいましたが、あとお一人だけ。
浅田真央選手の感想をば叫ばさせて下さいまし(笑)。

まずは、4連覇とオリンピック代表内定、おめでとうございます!!
今シーズン、これまでの不調っぷりは、本当に心配でした。
でもこうして全日本で見事に結果を出される浅田選手――― やはり只者ではありません!
スケーターとしても素晴らしい才能をお持ちですが、それ以上に、彼女のこのアスリート魂とでも言うんでしょうか、これにはいつも感服させられます><

ショートでは回転不足になりましたが、グランプリシリーズの時のような“すっぽ抜け”でなかったことが、大きな進歩では。
浅田選手は少しショートが鬼門な部分がありましたが、大きなミスなく滑りきれたことは良かったです。
・・・まぁ、個人的には去年からの使い回しの曲でのプログラム、その上“初めての舞踏会”っつーコンセプトには、思いっきり、心から反対ですが(大爆)。
そのコンセプトでやるんだったら、何もこの曲でやらなくても・・と思うんですけどね。
なんちゅーか、フリーが重厚で短調の曲ですから、ショートは軽やかな曲にして欲しいなぁと願ってるんですが、、、ま、もう無理かな(苦笑)。

で、そのフリーですが、少しずつ要素を省いて簡略化したんだと思われますが、
それでも素晴らしい、十分過ぎるほど重厚なものでした!!
何よりこの曲に、浅田選手の演技が全く負けていないところが、良かったです!!!
やはり冒頭のトリプルアクセルをはじめ、各エレメンツがクリーンに決まり、
更に近年磨かれた浅田選手の表現と合わさってこそ、このプログラムの真価が現れるのだと。
そしてそれを演じきれる表現力が浅田選手についていたことに、改めて驚きと共にとても嬉しかったです!!

軽やか、笑顔、明るい、可愛い真央ちゃん!  ・・こんなイメージが付いて回る浅田選手。
確かにこれは大きな浅田選手元来の魅力だと思います。
でもそれだけじゃない、こうした力強く荘厳な空気をまとう事も出来るまでに成長された―――
・・・改めて浅田選手の凄さを感じ、益々今後が楽しみになりましたv





さてさて、悲喜こもごもでしたが、毎回オリンピック代表が掛かった全日本はより特別な空気、そしてドラマが起きるものですね。
今回も素晴らしい試合でした。

いよいよオリンピックです。
周囲は騒がしいかもしれませんが、選手の皆様にはどうかご自身の納得いく様なオリンピックになることを、1スケオタとして心から祈念しております!!!!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。